思い出に残る味1<Mole>@メキシコ館 Tierra Mexicana

陽気な音楽が鳴り響く明るいガラス張りの店内で アメリカナイズされていない"本場"のメキシコ料理が楽しませてくれたのが メキシコ館レストラン=Tierra Mexicana(メキシコの大地)。
メニュ-を一通り食べつくすまで通い詰めたレストランの1つです。

d0035716_23231648.jpg

●Mole
一番印象に残っている一皿選ぶとしたら 私は迷わず 「Mole」というソースを使った料理を挙げます。Moleは 甘くてコクがあるけれど ピリっと辛くて、苦味もある・・なんとも複雑で不思議な味わいの濃厚なソースです。南アジアのカレーとはまたちょっと違う美味しさ。
ソースの秘密はカカオ(チョコレート)にありました。カカオと一緒に 唐辛子、ナッツ類、ドライフルーツにハーブや香辛料など20種類以上の材料を煮込んで作ることによって生み出される 独特の甘味・酸味・辛味・苦味が織り成す味のハーモニーは 一度食べるとクセになる味でした。


Tierra Mexicanaでは 他にも今まで味わったことのない未知の味に出会うことができました。

●Crepas Rellenas de Cuitlacoche (キノコ入りクレープのコリアンダーソース)d0035716_18393180.jpg
トウモロコシに生えるメキシコ特産のキノコ(Cuitlacoche)をトルティーヤで包んだものを コリアンダー(パクチー)のソースでいただく料理です。Cuitlacocheは濃厚な味わいとイカ墨を思わせる真っ黒な色は独特な風味があるキノコで インパクトがありました。


d0035716_23383989.jpg●Chile Ancho Relleno de Camaron  (エビ入りチレアンチョ)
Chile Poblano(チレ ポプラノ) というパプリカほどの大きさで厚みのある暗褐色のチレ(唐辛子)を乾燥させた Chile Ancho(チレ アンチョ)を戻して小エビを詰めて煮込んだ料理。Chile Anchoは肉厚でパプリカを思わせる甘みと香りがあり、辛さはまろやかな唐辛子。上等なドライトマトのようにソースの味に深みを加えています。

●Tostadas(蟹のトスターダス) d0035716_23302222.jpg
小型のトルティーヤを油でパリパリに揚げたものの上に、油煮して水分を飛ばした蟹をトッピングした料理。日本人は 水分を含んだ蟹に美味しさを感じるけれど、メキシコでは 香りや凝縮感を高めるために 余計な水気を飛ばしちゃおうという発想で作られています。蟹の旨味を求める方向性の違いに面白さを感じた料理でした。


d0035716_8225942.jpgメキシコ料理は こってりした激辛料理と勘違いしていたのですが こちらで食事をしてそれまでのイメージが覆されました。日本に伝わっているものの大半はTEX MEX(Texas+Mexico)=テキサス流メキシコ料理だったということ、トルティーヤをV字型に揚げたものに、ピリ辛の挽肉やレタス、チーズを詰め込むお馴染みのタコスも実はアメリカンスタイルだったということを こちらに来て初めて知りました。アメリカという国をフィルターにして伝わっているものって まだまだ沢山ありそうですね。
いつも驚きと発見のある料理で楽しませてくれたのがTierra Mexicanaでした。


++
メキシコ館レストラン@Tierra Mexicana で楽しんだ料理の感想については 
本場のTacosにMoleを堪能@メキシコ館 Tierra Mexicana(1)
爽やかな黒ビールNegra ModeloとNachosで一杯@メキシコ館 Tierra Mexicana(2)
甘くて辛い唐辛子Chile Ancho@メキシコ館 Tierra Mexicana(3)
をご覧下さい。
[PR]
by expo-tabenomi | 2005-09-29 00:00 | 思い出に残る味
<< 思い出に残る味2<Ado... ポーランドレストラン<P... >>