思い出に残る味2<Adobong>@フィリピン館 Latik

洗練されたフィリピン料理を味わえるのが フィリピン館レストラン「Latik」です。
フィリピンの高級レストラン「Via Mare」のシェフが監修する料理は どれもクオリティーが高く
洗練された味わいがしました。丁寧に作った揚げたて&焼きたてのお料理は 文句なしに美味しい。全てのメニューを食べ尽くしてからも 何度も足を運んだレストランです。

d0035716_065795.jpg

●Adobong Tadyang 豚スペアリブの醤油・ニンニク煮込み
フィリピン料理と言ったら「豚」。色々迷ったのですが一皿を選ぶとしたらやはりAdobong(アドボ)でしょうか。Adobog(アドボ)は フィリピンの代表的な煮込み料理。豚の骨付きスペアリブをニンニク・醤油・ココナッツ酢に漬け込んでじっくり煮こんでいます。ココナッツミルクで甘さとコクを加えているのがフィリピン風。骨からほろりと崩れるくらいよーく煮込んだお肉は とろけるような美味しさ。煮汁のしみたご飯を食べるのも密かな楽しみでした。


思い出の一皿をめぐって Adobngと最後まで迷ったのが こちら
●Lechou Kanali 豚バラの唐揚げ
d0035716_081275.jpgしっかりと下味を漬けた豚バラ肉の塊をじっくりと揚げてぶつ切りにしたものを白いご飯にトッピングした料理。お肉はカラリと揚がっていて外側はカリッカリっと香ばしく 中はジューシー。お肉は適度な噛み応えがあり、噛み締める毎に 甘辛い調味料と肉の旨味が口一杯に広がります。豚の脂の旨味が際立つ味わい。


d0035716_0475628.jpgこの他にも 印象に残る豚料理が・・・
●Rellenong Talong 茄子と豚ミンチ詰め焼
大きな茄子に豚ミンチをギュっと詰めて卵をからめて焼いたものが ご飯にドドンと乗った料理。茄子の甘みと豚の旨味がマッチして ご飯がどんどん進みました。


d0035716_21123590.jpgLatikでは ひとつひとつのお料理をきちっと作っていて きらりと光るクオリティーの高い味が楽しめました。 どの料理も手が込んでいて、じんわりと美味しさがしみ渡るような優しい味わい。フィリピン料理への印象をガラリと変えてくれました。
いつも笑顔で料理をサーブしてくれた Jessie de Rosalesさん始め レストランの調理&ホールスタッフは フィリピンのレストラン「ViaMare」の皆さん。いつかマニラの「Via Mare」にも行ってみたくなりました。

+++
フィリピン館レストラン@Latikで 楽しんだ料理の感想については
アジアNo1のクオリティ-@フィリピン館レストラン Latik(1)
フィリピン旅行の抽選会も魅力@フィリピン館レストラン Latik(2)
シーフードたっぷり お米はパラリ!Paella@フィリピン館 Latik(3) をご覧下さい。
[PR]
by expo-tabenomi | 2005-09-30 00:30 | 思い出に残る味
<< 思い出に残る味3<MOJ... 思い出に残る味1<Mol... >>