思い出に残る味7<MAFE>@アフリカ共同館

アフリカ各国の料理をテイクアウト方式でリーズナブルに気軽に楽しめたのが アフリカ共同館レストラン「AFRICA KOKO」です。アフリカ料理と一口に言っても 広い大陸、主食も米・パン・クスクス・・と地域によって様々で、民族や宗教の違いなどによって 好んで食べる食材や調理法も違ってくるんですね。自宅に戻ってから 改めてアフリカの地図を見直しました。

d0035716_23435436.jpg
●MAFE(羊のピーナッツ煮込み)
万博会場では 今まで食べたことのない「未知の味」に出会うチャンスに恵まれました。セネガルを代表する家庭料理:MAFEもその1つ。注文カウンターに張り出されたメニューを見て 目が釘付けになりました。「MAFE」は ピーナッツにトマト・玉葱を加えて作ったペーストで野菜や肉を煮込んだシチューのこと。カレーのようにご飯にかけて出してくれました。 たっぷりの羊の薄切り肉を煮込んだピーナッツシチューは ごはんに良くあいます。ピーナッツの香ばしい香りとコクが羊の臭みを消し、マイルドで食べやすい味に仕上がっています。なかなか癖になる味でした。


この他 気になった料理は・・・ 
d0035716_23453144.jpg ●KOKOセット
北アフリカと東アフリカを代表する料理を一度に楽しめるメニュー。
*ダボ・・・香辛料入りのエチオピアパン
*ドロワット・・・エチオピア風チキンカレー
*チキンケバブ・・北アフリカでおなじみのスパイシーな鶏肉の串焼
*クスクス・・・北アフリカの主食。トマトベースのシチューをかけて食べるのが定番

d0035716_23455470.jpg●おすすめMENU  
西アフリカを代表する料理がワンプレートに。クローブ、シナモンなどのスパイスを使ったガーナ風炊き込みご飯「ジョロフ ライス」ホロホロに煮込んだチキンの組合せは ガーナ料理の定番。

万博会場内の飲食施設の中では 破格に安く、ボリュームも満点。開幕当初は「安い・早い・旨い」の3拍子う稀有な存在として重宝しました。評判が伝わるにつれ人気店となり 閉幕前には 長蛇の列に並ばないと注文カウンターまで辿り着けなくなってしまってしまいました。馴染みがあまりない国の料理が 意外と受け入れられ易かったりする典型かもしれません。・・・さすがに 何十分も並んでまで食べる程の執着はなかったのですが MAFEだけはもう1回食べておきたかった・・・と後悔。何故だか 時々無性に食べたくなったりするんですよね。
[PR]
by expo-tabenomi | 2005-10-20 19:42 | 思い出に残る味
<< 思い出に残る味8<Star C... 思い出に残る味6<Golden... >>