具だくさんの田舎風スープ@ルーマニア館 Darie

ルーマニア館の地下にあるレストラン「Darie」は 銀座の老舗「Darie」の出店。
手軽な値段でルーマニアの伝統料理を楽しめます。

d0035716_13152.jpg●Ciorba de Fasole de Verde(インゲン豆のスープ)
白インゲン豆・玉葱・ニンジンなどの野菜がたっぷり入った具だくさんの田舎風スープ。野菜の甘みを生かした優しいほっとする味です。サワークリームの程好い酸味とコクが味の決め手になっています。(¥700)

●Ciorba de perisoare (肉団子のスープ)
Ciorbaとは 酸味の効いたスープのこと。その名の通り 酸味がキリリと効いたスープにスパイスを効かせた肉団子が浮いています。遠くにロシア料理のボルシチを思わせる懐かしい味。塩気が結構強め。(¥700)

d0035716_135667.jpg主菜は メインの料理+付け合せに グリーンサラダ・肉団子・ポテトサラダ・チーズフライ・タラモサラダのせバゲットがセットになって ワンプレートで供され 見た目にも楽しい一皿に仕上がっています。

●Pui la gratar(鶏のガーリックソース)
ニンニクがカキーンと効いたチキンのグリルには Mamaliga(ママリーガ)というトウモロコシの粉に牛乳、バターなどを練りこんで煮たもの イタリアで言うポレンタが添えてあります。ルーマニアの女性は、このママリーガとサルマーレが作れて一人前といわれるようになるのだとか。塩気の効いたチキンとまぜまぜしていただくと調子が良さそう。(¥1300)

d0035716_163678.jpg●Mititie(ミティティー)
挽肉に香辛料を混ぜてグリルした棒状の肉団子で ルーマニアのビアガーデンの定番。本場では羊の挽肉で作るようですが こちらでは食べやすいように牛肉でアレンジしているようです。食感は ソーセージでもハンバーグでもなく ふわふわとした練り物系(蒲鉾系)で どちらかというとフランス料理のクネルに通じるものがあります。スパイシーな肉団子としては 遠くにトルコを感じないでもない・・・
日本食には なかなかない面白い食感です。(¥1300)

ディナーでいただくには 少々淋しいけれど ワインと一緒に楽しむランチとしては◎
食のレベルとしては 総じて高いグローバルコモン4にして お値打ち度は突出してます。
値段を抑えるための努力工夫には脱帽です。
温かみのあるハンドペイントのテーブルセットも東欧らしい雰囲気に一役買っています。


++
ルーマニア館では スロープ状のホールで民俗芸能やモダンダンス・ギターの演奏などが楽しめます。演目は 日によっても時間帯によっても違います。前の回がクラシックだからといって次回も同じとは限りません。何に当たるかはその時のお楽しみ。ショーの内容によって印象が左右されるかも。
[PR]
by expo-tabenomi | 2005-04-28 01:20 | ヨーロッパ
<< お洒落なバールでイタリア気分を... 一気飲みが基本?・・・の甘酸っ... >>