骨付きターキーにかぶりつこう@中央アジア共同館「シルクロードカフェ」

青の都:ウズベキスタン、草原の国:カザフスタン、山国:キルギス、太陽のふもとの国:タジキスタンの4共和国が集う中央アジア共同館。ここで芳しい香りを放っているのが 「シルクロードカフェ」

d0035716_23394314.jpg●スモークターキーレッグ(¥700)
骨付肉に目がない私。肉づきの良さと匂いに ついつい吸い寄せられてしまいます(^^) このターキーレッグ、なんてことない スモーク&味付けした後に冷凍したものなんですが オーダー後にじっくり焼いてくれるので 焼きたての風味が味わえます。この値段にしてこのボリューム感が嬉しい。

熱々のレッグは そのまま手づかみでかぶりつきましょう。皮は香ばしく スモーキーなお肉にジューシーな旨みがぎっしり詰まっています。ターキーというと 淡白でパサついた肉というイメージがありますが 骨周りの肉はコクがあるんですね。ビールと良く合います。ボリューム・味・価格のバランスも良く コスパ的には◎

d0035716_2356914.jpg●ピラフ(¥800)
まさに焼き鳥のような串焼きが添えたピラフは カレーなどに添えるご飯としては悪くないのでしょうけど そのままいただくには なんとも中途半端で微妙な味わい。ニンジンが自己主張しすぎだからかな?塩気も控えめで スパイシーでもないし、ドライフルーツも入っているんだけど甘酸っぱくもフルーティーでもないし・・・いささかパンチに欠けるのが難。悪くはないんですけどね。ターキーに比較してコスパ的には 劣るのが残念!食べやすくアレンジしているのが裏目に出ているのかしらん。
[PR]
by expo-tabenomi | 2005-05-01 23:58 | アジア・オセアニア
<< 甘いお菓子でリフレッシュ@チュ... 豪快な骨付き豚に満足@ドイツ館... >>