森の中で一休み@北欧共同館「Andersen Cafe」

アイスランド・スウェーデン・デンマーク・ノルウェー・フィンランドの5ケ国が出展する北欧共同館。
緩やかなカーブを描く白木のスロープ沿いに「北のオアシス」を紹介するお洒落なパビリオンです。
北欧の自然やデザイン力・生活空間を紹介するディスプレーの随所にセンスの良さが光ります。

北欧風の軽食をや飲み物が楽しむことができるのが Andersen Cafe。 「フィンランドの森」をイメージした森の中にテーブル席が用意されています。白木の椅子とテーブルは 北欧家具ならではのシンプルで温かみのあるデザインです。お料理を盛ったお皿にも注目!舟形や三角形のお洒落なデザインは 光沢のある紙を折り曲げて作り出しています。

d0035716_51188.jpg●Seafood Plate ¥1000
舟形の皿に スモークサーモン、ニシンの酢漬け、エビに オニオンサラダ 薄切りパン、クラッカーが盛られ、ディルを散らしてあります。サーモンやニシンを使ったコールドミールは 北欧料理の定番。ライ麦パンの上にトッピングしたスモーブロー(オープンサンド)はビールにもよく合います。肉厚のスモークサーモンは 脂がよくのっていてとろける美味しさ。ディル(香草)の香りとレモンの爽やかさをプラスして味わいいましょう。ニシンのビネガーの効き方もなかなか良い感じ。


d0035716_511245.jpg●Cheese Plate ¥800
ブリー、セミハード系2種類、ウォッシュ、ブルーの5種類のチーズに りんごとパプリカとクラッカーが添えてあります。チーズは全体的に塩気が強く ミルクの甘味は薄いので熟成感のあるタイプが好みの人には少々物足りないかもしれませんが、クセがなくて食べやすいものが揃っています。クラッカーは香ばしく 面白い味。どこかで売っていないかな。


d0035716_514195.jpg●ELYSEE Dry ¥700
白スグリを使ったフィンランド製のスパークリングワイン。泡立ちが良いことから「白夜のしずく」とも呼ばれています。香りはフルーティーですっきりと爽やかな飲み心地。
チーズプレートのブリー&りんごとの相性は ◎

夕方あたりに軽くつまんで飲むには おあつらえ向きのCafeなんですが 残念なことにお食事系のメニューは 夕方前には大抵 Sold Out しています。ここで料理を楽しめるのは 実質Lunch Timeのみ。ポーションが少ないので 空腹を満たす目的には不向きですが 色々つまみ食いを楽しみたい人には 好都合かも。

++
「北欧人に会いましょう」のコーナーは私が好きな展示の1つ。北欧の人々の生活を「ある1人の日常」に密着することで紹介しています。モデルは5人。5つのショーケースに 各人の1日の様子を映し出したモニターと 映像の中でも登場する生活用品がセンス良くディスプレーされています。彼らが 朝起きて 何を食べ どうやって通勤(通学)し どんな仲間達と過ごし 楽しんでいるか・・が映像と使い込まれた愛用品の両方を見ることで伝わってきます。個人を知ることで 北欧の暮らし、北欧の気候や風土までが見えてくるような・・見る人の想像力を膨らませる興味深い展示です。

+++
来場者にはお土産もあります。それは北欧の風景や工芸品、デザインなどを印刷したポストカード。いつも数種類展示してあり 来場者は気に入ったデザインのけカードを自由に選んで持ち帰ることができます。どのカードもお洒落で 日によって種類が違うのも魅力です。
[PR]
by expo-tabenomi | 2005-06-17 06:19 | ヨーロッパ
<< ボリューム満点!オージーバーガ... ほんのりと甘いArakでリフレ... >>