カテゴリ:アフリカ( 1 )

お腹が空いたらMAFEにしよう@アフリカ館「AFRICA KOKO」

アフリカ各国の料理を気軽に楽しめるのが アフリカ共同館レストラン「AFRICA KOKO」です。

愛・地球博は 夜の22時までということになっているのですが、20時を過ぎたあたりから 外国パビリオンに併設しているレストランは バタバタっと締まっていくので 下手をすると食いっぱぐれてしまうことがあります。時計を見たら20時を回っていた・・・!?という時には 焦らずコモン5へ。
AFRICA KOKOには 手頃な値段で空腹を満たしてくれるお料理が揃っています。早く・安く・旨いの三拍子が揃う会場内では稀少な飲食店。写真付のメニューは カウンターの左右で内容が違うので しっかり両方チェックしましょう。


d0035716_23435436.jpg●MAFE(羊のピーナッツ煮込み) ¥600
MAFEは ピーナッツにトマト・玉葱を加えて作ったペーストで野菜や肉を煮込んだシチューをご飯にかけたもの。 ピーナッツの産地セネガルを代表する家庭料理です。たっぷりの羊の薄切り肉を煮込んだピーナッツシチューは ごはんに良くあいます。ピーナッツの香ばしい香りとコクが羊の臭みを消し、マイルドで食べやすい味に仕上がっています。癖になる味。結構好み。


d0035716_23453144.jpg  ● KOKOセット ¥900
アフリカ料理と一口に言っても 広い大陸、主食も米・パン・クスクス・・と地域によって様々です。KOKOセットでは 北アフリカと東アフリカを代表する料理を一度に楽しめるお得なメニュー。ボリューム満点。お腹が一杯になります。

*ダボ・・・香辛料入りのエチオピアパン
*ドロワット・・・エチオピア風チキンカレー
         「ドロ」はアムハラ語で鶏。玉葱や「ケベ」と
         いうバターと「バレバレ」という唐辛子に似た香辛料で煮込んだスパイシーな料理
*チキンケバブ・・・モロッコ・チュニジアなど北アフリカでおなじみのスパイシーな鶏肉の串焼き
*クスクス・・・クスクスは 北アフリカの主食。トマトベースのシチューをかけて食べるのが定番


d0035716_23455470.jpg●おすすめMENU  ¥1100
西アフリカを代表する料理がワンプレートになっています。クローブ、シナモンなどのスパイスを使ったガーナ風炊き込みご飯「ジョロフ ライス」に 牛肉の炒めもの、チキンのモモ肉の煮込みが添えてあります。ジャンバラヤにも似たスパイシーなジョロフライスとホロホロに煮込んだチキンの組合せはガーナ料理の定番。


d0035716_024598.jpg  ● Beans Stew (ビーンズシチュー) ¥600
こちらもガーナ料理。たっぷりのヒヨコ豆をトマト・玉ネギなどの野菜と一緒にブイヨンでコトコトと煮込んだスパイシーなヒヨコ豆のカレー。豆のホクホク感が良い感じ。後からピリっとした辛さがじんわりきます。ビールが進みます。


d0035716_23442073.jpg●エビのクスクス ¥600
モロッコ・チュニジアなどの北アフリカ料理。セモリナ粉を蒸した粒々のパスタ=クスクスに エビと香味野菜をトマトベースのスープで煮込んだシチューがかけてあります。クスクスの仕上がりは好みが分かれるところ。粒々感を求める人には物足りなさを感じるかも。



会場内のあらゆる飲食施設を見渡しても ここは破格に安く、ボリューム満点。料理の味もジャンキーではありますが ファーストフードとしては 充分合格点以上のレベル。食べやすい味に仕上がっています。とにかく空腹を満たしたい・・・が第一目的であれば 非常にコスパが高い選択肢と言えましょう。テイクアウト専門でスタンドテーブルが少しあるだけなのでじっくりお食事したい人には不向き。ここでは ちゃっちゃと食べてさっと引き上げるが◎ お腹が満たされたら パビリオン巡りを再開しましょう。飲み足りない方はコモン6へ。それについては また後日。
[PR]
by expo-tabenomi | 2005-06-08 00:24 | アフリカ