<   2005年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

リオハを味わう@スペイン館 Tapas Bar (6)

d0035716_22372362.jpg●ラ・リオハ週間スペシャルメニュー ¥2000
スペインのワインと言えば 「リオハ」です。ラ・リオハ州 は スペインを代表するワインの醸造地で エブロ河流域の肥沃な土地に広がる葡萄畑で作られるワインは 世界的に有名です。
「ラ・リオハ」週間のスペシャルメニューには リオハ産のグラスワインが付いた4品の構成。どのお料理にも赤ワインがをふんだんに使ってあります。用意されたワインは Vina Grajera Tinto Reserva 2001 Victor Fernandez Pinedo
センシベル種(テンプラニーニョ)のぶどうをアメリカン・オ-ク樽で1年以上熟成させた赤ワインで 若い割には渋みのあるしっかりとした味わい。牛の赤ワインの煮込みとよく合います。


d0035716_94444.jpg*リオハ産チョリソとポテトのクリームスープ
リオハ特産のチョリソとポテトを使ったお料理では 
TORTILLA DE PATATA CON CHORIZO(チョリソ入りポテトのトルティーリャ) が有名ですが ちょっと変化球できました。ポテトを裏ごししたスープにチョリソの旨味が染み渡り、ピリっとした辛さがアクセントになっています。最初にポテトの甘みが来て 後からチョリソの旨味、さいごにほんのりと辛さが残ります。見た目の派手さはありませんが じんわりと後を引く味です。好みの味です。グラスワインとチョリソの相性も◎ 幸せ。 
 

d0035716_1052474.jpg*牛ほほ肉のリオハ産赤ワイン煮込み
これは 定番ですね。トマトを使わず 赤ワインだけでじっくり煮込んだ牛肉は ワインの凝縮された旨味や渋みをしっかり吸い込みながら ほろりと崩れるまで良く煮込んであります。これは美味しいですね。煮込む時に使うワインの違いなんでしょうか。旨味の広がり方が違います。塩気が穏やか。肉の旨さをじっくり大事に味わいます。


d0035716_946984.jpg*リオハ産赤ワインのシャーベット
桃の産地としても有名なリオハ。賽の目にカットした桃のコンポートにシャリシャリの赤ワインシャーベットが盛られた 涼しげな一品です。桃は 桃本来の爽やかな酸味とほんのりとした甘さを生かした仕上げで シャーベットも甘さを控え 赤ワインの果実味を生かしたすっきりした美味しさ。食後の〆には◎ 


d0035716_9463261.jpg●Torres Nerola 2002 Monastrell Syrah Catalunya  ¥4800
今回選んだのが Torres社率いるミゲル・トーレス氏の愛娘ミレイア女史が初めて総責任者になってつくったワインが Torres Nerolaです。「Nerola」とは 地中海にあったとされる伝説の楽園の名前で 不死の力を与える果物が実っていたと伝えられています。
シラー種を主体としたワインで 色は濃く、果実味が豊かなワインです。シラーらしく スパイシーなタンニンが持ち味ですが なめらかな柔らかい味わいがこのワインの特徴。好み。ワインのもつ果実味と イベリコ豚の生ハムの脂が織り成すハーモニーも素晴らしい。薦めてくれたスタッフに感謝。


会期中 数回に渡って楽しませてくれている Tapas Barのスペシャル限定メニュー。閉幕かでの1ヶ月間に 企画される可能性があるとすれば カタルーニャ週間(9/5~)あたりではないでしょうか?。カタルーニャ には ミシュランの3つ星レストランもあるなど ワインや食文化でも有名。「食」については 結構 力を入れてくるのではないか?と読んでいます。 最後に おぉ~!!!っと言わせるものを出してくるのではないかって 勝手に期待しているのですが さて どうでしょう。


++
Tapas Bar での主なメニューと感想については
トップシェフの味を堪能@スペイン館「Tapas Bar」 (1)
生ハム&シェリーで至福の時を@スペイン館「Tapas Bar」(2)
組合せの妙を堪能「マドリードの一口」@スペイン館「Tapas Bar」(3) (1回目の限定メニュー)
ワインの充実が嬉しい@スペイン館「Tapas Bar」(4) 
海のスイス=アストゥリアスを味わう@スペイン館「Tapas Bar」 (5) (2回目の限定メニュー)
ドン・キホーテ限定Menu@スペイン館「Tapas Bar」 (7) (3回目の限定メニュー) 
をご覧下さい。
[PR]
by expo-tabenomi | 2005-08-21 09:56 | ヨーロッパ

Special Diner @フランス館 Signe Par Guy Martin

EXPO会場内で一番快適に食事が楽しめるレストランは?と聞かれたら 迷わずこたえるのが 
ここ フランスパビリオンレストラン Sing Par Guy Martin です。
開幕以来 毎月25日にMenuが変わる毎に訪れていますので リピ率の高さもトップクラス。

Guy Martin の料理は 大阪のLe Pont De Cielで 料理のクオリティーの高さを経験済みでしたので 今回EXPOで どんなことをしてくるのかとても楽しみにしていました。Menuに派手さはありませんが 出される料理はそれなりに驚きを秘めていますし フロマージュの状態も素晴らしく これらと相性の良い手頃な価格のワインも揃えています。茶目っ気のあるフランス人メートルとのやりとりも遊び心を満たしてくれるもので 結果的にコスパが高いレストランのように思います。

予算的には 食前酒で始まり アラカルトで前菜・メインの2皿をいただいてから フロマージュ・デザート・食後酒・エスプレッソまでゆっくり楽しんで 2人でだいたい2万円台でしょうか。これにワインのお値段がプラスされる感じです。ワインも適当な予算でそれなりに選択肢がありますし 予算と好みをきちんと伝えれば あとはメートルが適当なものを選んでくれるでしょう。

今回は このSing Par Guy Martin から嬉しいニュースを。
閉幕が迫った来月の週末に フランスの本店 Le Grand Vefour  により近い形でのデギュスタシオンコースが楽しめるスペシャルディナーを企画しているそうです。気になるその内容は・・・

アミューズ・前菜・魚料理・肉料理・フロマージュ・デザートのコースになっていて
全てのお料理に合わせて選んだグラスワインをつけた場合が ¥30000
グラスシャンパンだけついて ワインはお好みのボトルをオーダーする場合は ¥20000
ちなみにグラスシャンパンは Comtes de Champagne Blanc de Blanc (TAITTINGER 社) のものだそうです。今回は メートル選りすぐりのワインと料理との相性の妙をたっぷり楽しみたいところです。もちろん要予約。当日はお洒落して出かけたいですね。

  日時:2005年9月11日(日) 17:30-19:00 スタート
  料金:1人¥20000(グラスシャンパン・エビアンのみ)
      1人¥30000(ワイン付)
  人数:限定60名 要予約 (予約は2名以上から受付)・・残8席(8/17夜現在)
  備考: ドレスコード (男性はジャケット着用)


++
9月のMenuは 最後ということがあって 力が入っているとのこと。最終の3日間は サプライズMenuが登場するかも・・・という情報もアリ。9月のフランス館には 期待大。・・・という訳で あと3回は 足を運びたいところです。これまでの料理の感想については 後日また。
[PR]
by expo-tabenomi | 2005-08-18 16:07 | ヨーロッパ

ワイン&チーズの試食会@オーストラリア館

今週は ワインの試飲会の企画が目白押しですね。オーストラリア館でも 明日・明後日の2日間 夕方からオーストラリア産のワインとチーズの試飲会があります。

試飲会に出されるワインは オーストラリア有数のワインの産地:ヴィクトリア州のワイナリーのもの。
会場では シラーズ、シャルドネなど 赤・白あわせて8品種のワインとチーズが味わえるそうです。
今週は スペイン館でもリオハのワインの試飲がありますし、飲み比べも楽しいかもしれませんね。
オーストラリア館の情報は こちらでも。食以外のイベントも色々企画されているようです。


ワイン&チーズの試飲会
  日時:8月18日(木) 19日(金) 16:00-18:00
  場所:オーストラリア館 VIPフロア 


++
オーストラリア館での食事については
夜のThe Sand Barでリゾート気分@オーストラリア館(1)
ボリューム満点!オージービーフ@オーストラリア館(2)をご覧下さい。 
[PR]
by expo-tabenomi | 2005-08-17 08:00 | 食のイベント

ラ・リオハ週間限定メニュー@スペイン館 Tapas Bar

スペイン館は スペイン国内の各自治州が週替りで 民俗音楽のコンサートやフラメンコ公演、ワインのテイスティングなどのイベントが企画されています。 スペインパビリオンのサイトのチェックは欠かせません。

15日から始ったラ・リオハ週間では Tapas Barにて限定特別メニューが登場!マドリード週間、アストゥリアス週間に続く 期間限定メニューの第3段となります。

今回はメニューの詳細は出てきていませんが、洗練された独創的な料理を体験できるのではないか・・・と期待しています。そうそう。こちらの特別メニューでお腹を膨らそう・・・だなんて思ってはいけません。食前か食後に軽く一杯飲みながら 遊び心でお召し上がりあれ。18日(木)までは パビリオン内でリオハワインのテイスティングもあるようですので あわせて楽しめるといいですね。


ラ・リオハ週間スペシャルメニュー (限定メニュー)が楽しめるのは・・・ 
  日時:8/21(日)まで 
  場所:スペイン館 Tapas Bar 
  料金:未確認 (前回までは ¥2000でした)  


リオハワインなどのテイスティングが楽しめるのは・・・ 
 日時:8/18(木)まで 11:00-11:45 17:00-17:45 
  場所:スペイン館 プラザホール   



++
Tapas Bar での主なメニューと感想については
トップシェフの味を堪能@スペイン館「Tapas Bar」 (1)
生ハム&シェリーで至福の時を@スペイン館「Tapas Bar」(2)
組合せの妙を堪能「マドリードの一口」@スペイン館「Tapas Bar」(3) (1回目の限定メニュー)
ワインの充実が嬉しい@スペイン館「Tapas Bar」(4) 
海のスイス=アストゥリアスを味わう@スペイン館「Tapas Bar」 (5) (2回目の限定メニュー)
をご覧下さい。
[PR]
by expo-tabenomi | 2005-08-16 11:37 | 食のイベント

ビールと一緒に食べたい!サバサンド@メルハバ

本格的なトルコ料理は もちろん美味しいのですが B級グルメ的なものに惹かれる私です。その代表格が 皮がパリッと香ばしいトルコパン「エクメック」に キョフテ、ドネルケバブ、焼鯖などを挟んだサンドイッチ。最近は名古屋の街中でも屋台のお店でケバブサンドが気軽に食べられるようになりました。万博会場内でも これらのスナックを楽しめるスポットがいくつかあります。私が気に入っているのは コモン2に大須のトルコ料理店「メルハバ」が出店しているお店です。

d0035716_6273031.jpg●サバサンド  ¥800 
イスタンブール名物といえば サバサンド。ガラタ橋の袂のフェリー乗り場の近くに屋台のことは あまりにも有名ですね。 サバサンドは その名の通り 焼いた鯖と玉葱のスライスなどの野菜を 切込みを入れたパンに挟んだサンドイッチのこと。焼魚をサンドイッチにするなんて 日本人の発想からかけ離れていますが これが意外と旨いのです。

私のお気に入りもこのサバサンド。香ばしくグリルした脂の乗った鯖の大きな切身がそのまま 入っている豪快なサンドイッチです。サバの塩気と脂の旨味をたっぷりのスライスオニオンが引き立て パンとの相性も◎ 旨いです。 ちょっと残念なのは 以前は 皮がパリッと固いパンを使っていたのに 最近 ふかふかの柔らか目のパンに変わったこと。・・・あらら・・・という感じがしないでもありませんが(イマイチ雰囲気に欠けます) ビールのお供には◎ 小腹がちょっと空いたような時に 食べるのにも良さそうです。


d0035716_6281568.jpg●アイラン ¥500
炎天下ということもあってビールを控えようと 塩味のヨーグルトドリンク「アイラン」を飲んでみたのですが これは サバサンドとは あいません(きっぱり) 
アイランの酸味は やっぱり肉料理との相性の方が良いですね。アイランを飲むなら キョフテ、ドネルケバブなど肉系のサンドイッチのチョイスがお薦めです。
サバサンドには ビールが一番!かな。
[PR]
by expo-tabenomi | 2005-08-10 06:32 | ちょっと一息したいなら

サクサク感と蜜の甘さが後を引くスウィーツ「バクラワ」@ヨルダン館

d0035716_662537.jpgちょっと甘いものが一口欲しくなったら ヨルダン館へ。 死海の浮遊体験申し込みカウンターの前に 1口サイズの焼き菓子を並べたテーブルが出ていて お茶目なヨルダン人のお兄さんが 「めっちゃ旨いよ~」と愛想を振りまいています。午前中は ヨルダン風のハーブパンManakish も売っているのですが 昼過ぎには売切れてしまうのでしょう。午後は Manakishの味を特徴付ける乾燥タイムとお菓子のみの販売となっています。

d0035716_683455.jpgこちらで楽しむことができるのは ピスタチオ・カシューナッツ・クルミを使った一口サイズの焼き菓子で 全部で6種類あります。1個100円、2個200円というお手軽価格に気を良くして ついついあれもこれも・・・と味見してみたくなります。チュニジア のお菓子(1個¥300)に躊躇した人でも ここでならすんなり手が出るのではないかしら?

d0035716_684862.jpg私のお気に入りは 菱形のピスタチオ入りのパイ ●バクラワ ピスタチオ
「バクラワ」は 甘い蜜に浸したパイ菓子のこと。アラブ系の国々で食べられるお菓子なんだそうです。フィロという薄くて何層にもなったパイにピスタチオをたっぷりはさんで 甘~いシロップに浸したバクロワは パイのサクサク感とピスタチオの香ばしさと甘さが後を引く一品。

お向かいのチュニジア のお菓子にも似ていますが 大雑把に言うと リンゴのタルトとアップルパイの違いみたいな感じかなぁ。(・・ヨルダンは後者ね) 食べ比べてみるのも面白いかも。

d0035716_610555.jpgお腹がいっぱいなら お土産にいかがでしょう。大きな丸い缶入り詰め合わせ(¥2500)もありますが、7cm四方程のの四角い赤い箱に入った4個入り(¥400) 6個入り(¥600)のものの方が お値段的にも分量的にも適当かと。4個入りのものでも 「バクラワ・ピスタチオ」「クル・ウィシクル・カシューナッツ」「バスマ・クルミ」「フルマ・ピスタチオ」と違った味が 一通り楽しめます。お薦め。
[PR]
by expo-tabenomi | 2005-08-09 08:34 | ちょっと一息したいなら

爽やかなコリアンダーソースを味わう@メキシコ館 Tierra Mexicana(4)

メキシコ館レストラン Tierra Mexicana(メキシコの大地)では アメリカナイズされていない素朴なメキシコ伝統料理が楽しめます。夏休みに入ってから 入場者数が10万人を切る日が続いているせいでしょうか。お昼時の並び時間は 30分を覚悟していたのですが 10分程度ですみました。

さて こちらのレストランでは今月になって 新たなメニューがいくつかお目見えしました。並んでいる間に 店の入口前に並んだ料理をチェックしましょう。新しい料理は 見本はあっても メニューには反映されているとは限らないので。少なくとも今月の新規Menuについては そうでした。なので オーダー時は ウェイターのお兄さんを店の入口まで連れて行って 指差しオーダー・・となってしまいました。メニューに載っている料理が全て揃っているとは限らないのは 今回も然り。何故だか黒ビール(Negra Modelo)は 未だメニューに載っていません。 「ネグロ」というと出してくれます。  


●Crepas Rellenas de Cuitlacoche (キノコ入りクレープのコリアンダーソース) ¥1000
d0035716_18393180.jpgメキシコ料理は 意外とコリアンダー(パクチーという呼び名の方がわかりやすいかな)を使った料理が多いです。こちらの料理は コリアンダーの爽やかな風味を生かしたソースを味わう料理。Cuitlacocheは トウモロコシに生えるメキシコ特産のキノコ。 その濃厚な味わいとイカ墨を思わせる真っ黒な色は独特な風味があります。コリアンダーとの組合せは新鮮でした。コリアンダーの香りが苦手な人にとってはツライ料理かもしれませんが 私のように香草好きな人にとっては こういう組合せがあったのかぁ~!!と唸らせられるばかり。結構ハマる味かも。ボリューム的にも軽めなので 白のコロナビールと合いそうです。


● Enchiladas de Pollo (鶏のエンチラダス) トルティヤ肉まき煮込み ¥1200
d0035716_18403093.jpg店頭にディスプレーされたいたものの MENUには載っていなかった料理です。しっかりグリルした鶏肉を柔らかなトルティーヤの皮で巻き込んでトマトソースで煮込んであります。。
Enchiladaは、チレ(Chile)ベースのソースにディップしたコーントルティーヤで肉などの具を包んで、玉ねぎのスライスやレタスの千切りなどをふりかけて頂く料理。その種類も、牛肉を挟むもの、鶏肉を挟むもの、チーズを挟むもの等々があり 煮込むソースも「赤いエンチラーダ」という名のEnchiladas Rojas(エンチラーダ・ロハス)に、「緑のエンチラーダ」という名のEnchiladas Verdes(エンチラーダ・ヴェルデス)というものがあります。こちらのは トマトをピュレしたソースを使った赤のエンチラーダ。マイルドな味わいなので アメリカナイズしたこってりしたTexMex味に慣れていると ちょっと物足りないかも。好みが分れる料理かな。Menuに載せていない理由はそのあたりにあるのかも・・・というのは 私の勝手な憶測ではありますが。

++
Tierra Mexicana でのこの他のメニューと感想については 
本場のTacosにMoleを堪能@メキシコ館 Tierra Mexicana(1)
爽やかな黒ビールNegra ModeloとNachosで一杯@メキシコ館 Tierra Mexicana(2)
甘くて辛い唐辛子Chile Ancho@メキシコ館 Tierra Mexicana(3)をご覧下さい。
[PR]
by expo-tabenomi | 2005-08-06 22:45 | 南北アメリカ

暑さを忘れる 刀削麺@日本ゾーン

日差しが強い日は ついついグローバルループの下の日陰を歩くルートを辿ってしまいます。日陰と日向では 体感温度が全然違います。日陰に入ってホィーっと一息つくと 食欲まで復活するから 不思議なものですね。こういう時は ジャンキーなものが無性に食べたくなったりします。そんな時にお薦めなのが 日本ゾーンにある「刀削麺」


d0035716_22592772.jpg●刀削麺 ¥500
「刀削麺」は 中国は西安の郷土料理。よく練って熟成させた麺生地の団子を 包丁で手際よく麺に削ぎ落とすと同時に熱湯に投げ入れて作る拉麺のこと。リズミカルに削られた麺が、放物線を描いて鍋に飛び込んでいくパフォーマンスは見ていて楽しい。職人の「技」を感じます。

茹で上がった麺は ネギと挽肉の入ったピリ辛スープでいただきます。 麺は 荒削りの幅広の太麺で 適度にコシがあり モチモチした食感。厚さも太さもばらつきがあるので 薄いところはとろーんとして 厚めのところは芯が残っていたり・・・と茹で具合にムラがありますが、その辺の面白さを楽しみたいところ。スープは ジャンキーだけど 割合とすっきりしたクセになる味。麺との相性も良く ズルズル食べられてしまいます。暑い時に 熱々の辛い麺をすすって 汗をかくのも悪くないですね。量も少な目なので 小腹が空いた時のおやつに いいかも。1コインでいただけるのも嬉しい。コスパ的にも ◎。
[PR]
by expo-tabenomi | 2005-08-04 00:38 | アジア・オセアニア

ニラがたっぷりのラオス風焼きそば@ラオス館

d0035716_2145477.jpgラオスの屋台料理を手軽に食べられるのがラオス館です。
先月下旬、ラオス館の前を通りかかったら 「ラオス フード 販売 開始」の表示が出ているのに気づきました。いつのまに食べ物を扱うようになっていたのでしょう。早速 パビリオンを覗いてみると 右手奥の角に設置されたテーブルで 3種類のお料理が折詰弁当になって販売されていました。食事用のスペースなどはなく Take Out Only になっています。


ラオス弁当の種類は 3つ。 どれも¥800 というなかなか 微妙な価格設定です。
   ラープご飯       (豚挽肉と香菜の炒め物&白いご飯)
   バジル菜ご飯     (豚とバジルの炒め物&白いご飯)
   ライスヌードル炒め  (ラオス風ニラ入り焼きソバ) 

d0035716_21461841.jpg●ライスヌードル炒め  ラオス風焼きソバ ¥800
小腹がすいていたので 早速試してみます。
こちらのライスヌードルを使った醤油味の焼ソバは 麺は平麺で 具は豚肉・もやし、そしてニラ。味の決め手はたっぷり入ったニラでしょうか。ニラ味が際立つ焼ソバです。麺は柔らかく箸で持つとポツポツ切れてしまうのが難ですが ニラと魚醤の風味でエスニック風な仕上がりにはなっています。ややパンチに欠けるので お酢や唐辛子、魚醤などを足して食べてみたい感じがします。

とにかくちゃっちゃと何かお腹に入れたいような時に 並ばずに、そこそこお腹が膨れるお弁当が手軽な価格で調達できるのは 便利かも。価格と味とボリュームのバランスを考えると 価格は1コイン程度が妥当な感じ。コモン6内価格を考えると ¥800は そう悪くはない価格ではありますが。
[PR]
by expo-tabenomi | 2005-08-03 22:56 | アジア・オセアニア